台風の統計

台風の統計

台風の統計に関する項目についてまとめたページです。

 

台風の発生数(1951年〜2018年)
台風の月別発生数(1951年〜2019年)
台風の日本への上陸数(1951年〜2019年)
台風の平年値(発生数、接近数、上陸数)
台風・サイクロン・ハリケーンの違い
令和2年7月は台風が発生しなかった(統計史上初めて)

 

台風の発生数

 台風が発生した数を調べたい場合は、グラフをご覧下さい。1951年から2018年までの一年ごとの台風の発生数をグラフにしたものです。
多い年には、39個の台風が発生しています。また、少ない年でも14個の台風が発生しています。

 

台風の発生数のグラフ
(このグラフのデータは、気象庁のデータを使用しています。)

 

台風の月別発生数

 台風の発生数が多い月を調べたいときは、このグラフを参考にしてください。グラフを見ると台風の発生する数が一番多い月は8月になります。その次に9月、7月、10月の順番となります。

 

台風の月別発生数
(このグラフは、気象庁のデータを使用しています。)

 

日本への上陸数

 年別に日本への上陸数をグラフにしたもの下の図になります。多い年で10個の台風が上陸、少ない年は上陸しない年もあります。
(データは、気象庁のデータを使用し作図しています)
台風の日本への上陸数

 

台風の平年値

台風の平年値(1981年〜2010年の30年の平均) (気象庁のデータを使用)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間
発生数 0.3 0.1 0.3 0.6 1.1 1.7 3.6 5.9 4.8 3.6 2.3 1.2 25.6
接近数 0.2 0.6 0.8 2.1 3.4 2.9 1.5 0.6 0.1 11.4
上陸数 0.0 0.2 0.5 0.9 0.8 0.2 0.0 2.7

接近数は、台風の中心が国内のいずれかの気象官署から300km以内に入った場合を指します。
上陸数は、台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を指します。

 

平年値をどのように使うかというと、比較するのに使います。
台風の発生数が、7月の平年値は、上の表から3.6個となります。例えば、今年の7月に台風が5個発生したとすると、平年より多く発生したことになりますので、いつもより台風の発生数が多いということになります。このような使い方をします。

 

台風とは

台風は、熱帯地方に発生する低気圧のうち、北西太平洋で発生し、最大風速が17.2メートル以上の強い風を伴うものを台風と呼んでいます。

 

日本の気象庁が担当している領域は、赤道より北から北緯60度までと東経100度から180度までの範囲にの台風予報を担当しています。

 

台風・サイクロン・ハリケーンの違い

台風 東経180度より西の北西太平洋や南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が17メートル以上となったもの。
サイクロン ベンガル湾、アラビア海、北インド洋に存在する熱帯低気圧の最大風速が約17メートル以上になったもの。
ハリケーン 北大西洋、カリブ海、メキシコ湾や西経180度より東の北太平洋に存在する熱帯低気圧の最大風速が約33メートル以上になったもの。

 

令和2年7月は台風の発生がなかった(観測史上はじめて)

令和2年の台風の発生は、5月に1個、6月に1個の台風が発生していますが、7月には、台風の発生がありませんでした。
7月に台風が発生しなかったのは、気象庁が1951年の統計を取り始めてからはじめてのことです。

 

過去に、7月までに台風の発生が少なかった年は、
  2016年(7月までに4個)、1年を通しては、26個。
  2010年(7月までに3個)、1年を通しては、14個。
  1998年(7月までに1個)、1年を通しては、16個。
  1975年(7月までに3個)、1年を通しては、21個。

 

2016年は、26個も発生していますので、7月までの台風の発生数が少なくても、必ずしも1年を通しての台風の発生数が少なくなるとは限らないようです。

 

page top